薄毛を克服するため!発毛剤プロペシアとロゲインで驚く効果~


薄毛の解決方法―プロペシアとロゲインの基本情報


薄毛とは、一般的に頭髪量の減少や髪の毛が細くなるなどにより、地肌が見えてしまっている状態のことをいいます。現代社会において、薄毛で悩んでいる方は、非常に多いと考えられます。日本人の男性のうち、薄毛を気にする人の割合は3分の1だといわれていて、近年では女性も薄毛について悩む人が増加しています。



プロペシア

プロペシアとは、一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発し、現在すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による経口タイプの男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。元々は前立腺肥大症の治療薬として使われる「プロスカー」の主成分でしたが、臨床の際に多くの治験者から多毛症が起きているのが発見されました。その後研究が続きAGA治療薬として販売に至ったのです。

プロペシアの主成分は、「フィナステリド(Finasteride)」という成分です。このフィナステリドは、「5α還元酵素Ⅱ型阻害薬」に分類される薬の有効成分となり、先にも書いたようにAGAだけではなく前立腺疾患にも効果があります。頭髪と前立腺、このふたつに共通して影響を及ぼすものと言えば、男性ホルモンです。AGAの原因として悪名高い、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンですが、フィナステリドは、このジヒドロテストステロンの生成を阻害することによって脱毛を抑え、ヘアサイクルを元通りにし、毛髪の再生につなげます。そのため、毛髪の成長サイクルが正常になり、AGAの改善に効果が期待できるのです。

 


発毛剤ロゲイン

ロゲイン(Rogaine)とは、アメリカのアップジョン社(現ファイザー)によって1980年代に世界で初めて販売された、日本で唯一発毛効果が認められた成分ミノキシジルを配合した育毛剤です。発売当初はミノキシジル2%濃度でしたが、現在は5%配合されています。

ロゲインの有効成分は、ミノキシジルです。ミノキシジルとは元々高血圧の方が服用する降圧剤で、体毛が濃くなるという副作用があったために育毛剤としても使われるようになった成分なのです。ということは、すなわちミノキシジルの発毛効果には医学的根拠があるわけですね。毛包に直接作用し発毛を促すミノキシジルは、米国FDA(食品医薬品局)より初めて正式に認可された育毛剤で、AGA(男性型脱毛症)に対する治療有効率が高い数値で証明されています。ミノキシジルの効果は、”毛細血管拡張→血圧下降→血流増加→毛根活性→発毛促進”です。

このような高い効果を持つミノキシジルを世界で初めて育毛剤として使用したのが、アメリカで1980年に製造販売された「ロゲイン(Rogaine)」なのです。つまり、ロゲインは、世界で最初にできたミノキシジル配合のAGA治療薬というわけですね。

薄毛の原因―どうして症状が起こるの?

薄毛


多くの男性が悩む薄毛や抜け毛、一口に薄毛と言っても、進行度合いによって症状や原因は様々です。そこで、薄毛の進行度合いに合わせた症状に対して、薄毛になる原因についてあますことなく説明していきたいと思います。

髪を含むすべての体毛は、伸び続けるわけではなく、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい毛が生えてくるというサイクルをくり返します。これをヘアサイクルといい、「成長期」「退行期」「休止期」の3期に分けられます。


ヘアサイクル


【ヘアサイクル】

成長期…毛の生えはじめから、成長が止まるまでの間 通常2~6年くらい

今生えている頭髪の85~90%

退行期…成長期から休止期に移行する過程の一時期 約2週間

      今生えている頭髪の1%

休止期…毛根が退化してから脱毛するまでの期間 約3ヶ月間

      今生えている頭髪の9~14%

休止期に入ると、毛包の長さ(毛根部分の長さ)は、成長期の2分の1から3分の1くらいになり、毛幹(見えている毛)は、皮膚表面近くまで押し上げられ、やがて脱毛します。

 

薄毛の原因は、本当にさまざまです。ここでは代表的なものを紹介します。

 

薄毛の原因ー男性ホルモン



●男性ホルモン(テストステロン)

脱毛や薄毛には様々な原因がありますが、男性型脱毛症の最も大きな要因は男性ホルモン(テストステロン)といわれています。テストステロンは、毛包の細胞質にある「5αリダクターゼ」という酵素により、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンに変換されます。

本来は男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンです。

ところが、このDHTは思春期を過ぎると、AGAだけでなく、ニキビや前立腺肥大などの症状を引き起こす悪玉男性ホルモンへと変化してしまいます。男性ホルモンが多く分泌されることで髪の毛の発育を阻害してしまうため、その結果、髪の毛が抜ける現象が起きるのです。

●血行不良

髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長します。この毛細血管の血流が悪いと、髪を生成する毛母細胞へ酸素や栄養が届きづらくなって、細胞の新陳代謝が低下し、毛周期に乱れが出ます。それにより髪の毛の成長は鈍り、抜けやすくなると言われています。結果薄毛となってしまうのです。

●ストレス

不安や不満などの心理的ストレスは心身に様々な悪影響を及ぼします。毛髪にとっても例外ではなく、ストレスも薄毛を引き起こす要因の一つです。過剰なストレスを受けると自律神経が緊張し、血管が収縮するため頭皮への血流が悪くなります。そして、頭皮の血流が悪くなった場合、毛根に十分な養分を運ぶことが困難になり、薄毛を引き起こしてしまうと考えられています。特に円形脱毛症はストレスの多い環境にいたり、急激な生活環境の変化によって引き起こされます。

毛髪の成長

●遺伝

男性型脱毛症は遺伝によるものが多いといわれています。前頭部がM字状に薄毛になることもありますが、このような状態は遺伝によって引き起こされることが多いです。脱毛を誘発するのは「5αリダクターゼ」という酵素ですが、親からの遺伝で、5αリダクターゼの量が生まれつき多い方の場合は、抜け毛や薄毛になりやすくなります。

●食生活

忙しいあまり偏った食生活を送り続けることで、栄養が偏り薄毛の原因となります。最近は簡単で手軽なインスタント食品やレトルト食品を摂る食生活が当たり前になっています。塩分や脂質、糖質が多い食べ物を過剰に摂りすぎると血流が悪くなってしまうので避けた方が良いですね。

●生活習慣

偏った食事のほか、過度の飲酒や喫煙、運動不足などの生活習慣の乱れも毛髪の成長に悪影響を及ぼします。

過度の飲酒は、肝臓の働きや細胞分裂の機能を抑制しますので、タンパク質不足につながります。また、喫煙は血管を収縮させ、頭皮の血流が悪くなり、十分な栄養が行き渡らなくなりますので、発毛の妨げになります。




薄毛治療のページへ